LIGHT YEARSLIGHT YEARS

LIGHT YEARS

3-30-5, Hakataekimae, Hakata-ku Fukuoka City, Fukuoka, 812-0011, Japan

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前3-30-5

TEL:092-473-1927

福岡市博多区博多駅前3-30-5

OPEN 11:00-19:00
CLOSE 不定休




1834

2-20-3, Sumiyoshi, Hakata-ku Fukuoka City, Fukuoka, 812-0018, Japan

〒812-0018
福岡市博多区住吉2-20-3

福岡市博多区住吉2-20-3



MORE LIGHT

3-15-30, Kiyokawa, chuoku-ku Fukuoka City, Fukuoka, 810-0005, Japan

〒810-0005
福岡市中央区清川3-15-30

福岡市博多区住吉2-20-3

茶、さびて

201907_LY_Ex09_茶_front.jpg

「茶、さびて」


「カッカッカッカッ」と音が響く。バーテンダーのように男が砕いていたのは大きな砂糖の塊だった。
周りに座る男達がそれを優しく見守っている。つい1時間程前、僕らはある男達に連れられ此処にやって来た。
彼の両親はサハラの人だが、彼はこの街で生まれ育った。謂わば「都会っ子」ってやつだ。
サハラの人達が砂漠からやってきて共同倉庫として使っているこの場所は彼らの合宿所でもあった。
隣の部屋の窓際には僕らが選ばせてもらった葦とラクダの革で作られたマットがずらりと並んでいる。

目の前にカップが並ぶ。どうやらお茶ができたらしい。都会っ子に「このマットを一つ作るのに
どのくらい時間がかかるの?」と聞くと、彼は少し考えて「2~3ヶ月かな」と答えた。
サハラの男達は大声で笑いこういった、「3年だよ」。

お茶はとてつもなく甘く、そしてとてつもなく苦かった。

たくさんの場所で、たくさんの人とお茶を飲み集めたものを並べ、みなさまのご来場をお待ちしております。


展示会日程

福岡 8月20日 〜 27日
11:00〜18:00

会場 LIGHT YEARS & MORE LIGHT

* 福岡の展示会期間中、MORE LIGHTは土日も営業します。


東京 9月5日 〜 8日
11:00〜18:00

会場 CASICA

* 東京は毎年恒例のTRACING THE ROOTS 合同展示会です。

地球を編むーーー日本の籠 世界の籠

2019年5月18日(土) - 6月2日(日)11:00 - 18:00
*close 22日(水)、29日(水)

LIGHT YEARS 5月18日(土) - 5月25日(土)

Light & Will 5月26日(日) - 6月2日(日)

Gallery 白田
622-0233 京都府船井郡京丹波町森山田7
T : 0771 82 1782
www.dokkatouyu.com


「地球を編むーーー日本の籠 世界の籠」を開催いたします。

地球に生育する植物と人の手仕事から生まれる籠。

その土地に育つ植物で生活の必要から生まれる籠は、

最も原始的な手仕事の営みをそのままに感じることができます。

また、その土地も精霊たちと共に作ったような

人の創造の領域を超えた清々しい様相を感じることもできます。


今回の展示は、Light & Will と LIGHT YEARS が収集した籠を

「地球を編むーーー日本の籠 世界の籠」と題して、

ひとつの空間で一緒に展示していただきます。

展示販売は、それぞれの期間で選りすぐりのものが並びます。

籠を通して、地球のその土地と人の息吹を感じていただけましたら幸いです。

DSC00740-1.jpegのサムネイル画像
トンガ族の籠


DSC00743.jpeg
ペルーの鳥籠


DSC00744.jpeg
インドネシアの鶏籠


DSC00750.jpeg
インディオ カネラ族の籠


00000752-e1554368353397.jpg
沢胡桃 手提げ籠


00000466-e1554368321219.jpg
瓜肌楓 脱衣籠


00000673-e1554368337565.jpg
久場葉 肩掛け籠


00000604-e1554368375242.jpg
板屋楓 手付き蓋籠

光年

LY_Flyer_201901_front.jpg

『 光年 』

夜空を見上げた時、そこにある星の光は何万年あるいは何億年も前のもの。

そして多くの場合、その星は今、その場所にとどまっていないという。

時間の大小はあるとしても、それは展示会と似ているような気がするのです。

1年前に砂漠でお願いした、オアシスの椰子の根元の土で作られた陶器。
インドの人間国宝が作るジャムダニストール。
久しぶりに復活する手織りのパイルのブランケット。

など、ここ1年かけて届く光。

かつて勇者の証として狩られたライオンの牙。
美の為ではなく、いかに村人を驚かすかを目的として作られたマスク。
まるで中世の楽譜のようなコーラン。

など、数十年〜数百年かけて届く光。

それらをご覧いただくとともに、これからの光のこともお話しできればと思います。

どうぞお出かけください。


HAKATA
WED 27TH FEB - TUE 12TH MAR 2019
11:00 - 18:00
LIGHT YEARS & MORE LIGHT


TOKYO
WED 20TH - SAT 23RD MAR 2019
11:00 - 18:00
CASICA
1-4-6 SHINKIBA KOTO-KU TOKYO 136-0082

MORE LIGHT

More Light Flyer.jpeg

ゲーテが最後に残した言葉:

『もっと光を!( Mehr Licht! ) 』

その真意は定かではない。

2年前にオープンした『 1834 』を機に

僕らの旅先は現在進行形で広がっていて

それに比例し集めるものも増え続けています。

ここらで一度整理し、ひとつひとつに光をあて

紹介する場所を作りたいと思いました。

『 MORE LIGHT 』始動します。


OPEN
SEPTEMBER / 22 / 2018

OPENING RECEPTION
14:00 - 21:00
銀座の名店「ローゼンタール 」の島田さんをゲストに迎え
美味しいドイツワインと料理を提供いたします。


MORE LIGHT
3-15-30 KIYOKAWA , CHUO-KU , FUKUOKA 810-0005

店休日のお知らせ


9月11日(火)〜15日(土)はお休みします。
16日(日)より通常営業です。
どうぞ宜しくお願いします。

previous 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
このページの先頭へ